星 月 夜

ARCHIVE PAGE

Archive2014年03月 1/1

古切手のカレンダー

古切手でオリジナルカレンダーを作った切手収集は小学生の頃集めていたのですというか、兄の趣味を強制的に継がされたのでした(-_-;)どうです?この古~いスタンプ帳は。いっそのことセピア調に加工してみましたそのスタンプ帳からカレンダーに使う切手を選び出す。季節に合ったものを探し出すのがちょっと大変。一月、二月一月、二月は日本の切手を使ったおめでたい金色の松葉の千代紙を背景にした三月、四月テーマは花と蝶草原で...

  •  0
  •  0

カバー作り

買い替えたソファカバーを作った端切れと余ったレースで。写真奥のブルーの柄でもう一枚作ったこの際なのでラジオカバーも作った電化製品は静電気ですぐにホコリだらけになる(-_-;)なんのことはない、ただ端と裾を縫っただけ。ここ数日パソコンを開けることもなく木曜日に図書館で借りてきた本に夢中(^-^)白檀の刑 上下巻 (莫言著)清朝時代の処刑人とそれにまつわる人々の話残酷な刑の描写シーンは当然気分が悪くなるが人...

  •  2
  •  0

喜多川歌麿 雪月花「深川の雪」

先日NHK日曜美術館で喜多川歌麿の幻の肉筆画大作「深川の雪」が発見されたことを放映されていたが今夜の番組、歴史ヒストリアで詳しく案内していた。メモをとった内容を自分の覚書として此処に書いておこうと思う。深川の雪は「品川の月」「吉原の花」とともに歌麿の肉筆で傑作とされる雪月花の三部作のひとつ。明治時代に栃木県で展示後美術商の手によって巴里に渡った。1939年に日本人収集家が持ち帰り48年に東京銀座での展覧会...

  •  0
  •  0