星 月 夜

ARCHIVE PAGE

Archive2014年01月 1/1

川端康成 みずうみ   

川端康成の「みずうみ」川端康成といえばなんといっても伊豆の踊子、雪国であるがこの「みずうみ」はなんといえばいいのか・・・川端らしくない?いや、これこそが川端康成文学?最初から妙なきぶんにさせられたしかしなにかどんどん惹き込まれていく最も印象に残ったくだりは・・・・銀平があの女のあとをつけたのには。あの女にも銀平に後をつけられるものがあったのだ。いわば一つの同じ魔界の住人だったのだろう。(中略)銀平...

  •  0
  •  0

スズメバチの話

作者は「永遠の零」の百田直樹マリアというのはオオスズメバチこの本はスズメバチのお話擬人化という方法をとってそれはそれは詳しくスズメバチの生態を説明してくれている実はわたし、家族や友人の間では「ハチ博士」と呼ばれているくらい詳しいのだよ虫嫌いのわたしがなんでハチに関しては詳しくなったかというとある事件がきかっけだったかれこれ十年くらいまえだったかエアコンの室外機の内部にスズメバチが巣を作っていたこと...

  •  1
  •  0

2014 謹賀新年

年賀状はタテ書きが多かったのだけど今年はこんな感じにしてみましたのよ金色の文字、ちょっと薄いですが読めますか?賀正と書いてございましてよ♪左側の下には「午どし」とあります本年もよろしくお願いします...

  •  2
  •  0