星 月 夜

ARCHIVE PAGE

Archive2013年07月 1/1

線と余白の美

ただ一本の線を手に入れるために私は何本も何本も、ただ一本の線を書きたいがために私は何枚も何枚も、ただ一本の線を残したいがために私は何年も何年も書いてきたそしてこれからも何本も何枚も何年も書いていくだろうただそれだけのことを、だが終わりがないことを、わたしは死ぬまでやっていくのだろう和歌一首を五行書きにしたもの。整然と並んだ字はそれなりにきれいなのですが・・・こちらは和歌一首を紙面に散らしてかいたも...

  •  0
  •  0