星 月 夜

ARCHIVE PAGE

Archive2013年01月 1/1

同じものを飽きもせず作る

草間彌生自伝「無限の網」は衝撃だった自伝を読んでから次々と小説をよみあさったが、ぬかるみに足を引っ張られていくようなと言ったらいいのかひとたび足を突っ込んでしまえばもう行くところまで行くしかないというようななんともいえない魔物に支配されてしるような感覚があるのだ。これまで絵画等の作品は観てきたしニューヨークでどんな活動をしていたのかも知ってはいたが、図録を除いて本人が書いた本は読んだことがなかった...

  •  0
  •  0

111年前の八甲田山で起こったこと

一月二十日 日曜日外出しない日曜の朝は九時からNHKの日曜美術館を見る十時からはラジオの小川洋子さんのミュージックライブアリー小川さんオススメの本を音楽と共に紹介してくれるというものどうしても嗜好が偏りがちな私の読書の間口を広げてくれるとは言っても私が一番好きなのは史実に基づいた小説実際に起こった事件や人物の悲惨で過酷な話が好きだ新田次郎の八甲田山死の彷徨は実名こそ載せていないものの史実である今から1...

  •  1
  •  0

ビブリア古書堂の・・・

私は本が好き本屋さんに行くのが好き古本屋さんはもっと好き幾分カビくさい匂いが好き紙の手触りが好き寝る前には一行でも読むのが習わしおおよそ活字中毒そのわりに小難しい本はキライ月九でビブリア古書堂の・・・始まった主演は剛力彩芽 原作の女性とはイメージが違うが一回目を見た感じではなかなか良かったせどり屋の志田肇役の高橋克実もいい味だしてた先日スーパーでこんなパンを見つけたあたくしメロンパンは好きなのさ本...

  •  0
  •  0

今年も作る人でありたい

2013年最初のエントリーは新春らしく百人一首です昨年から書き溜めたものを自分で綴じてみましたまず本体を十枚づつホッチキスで三か所くらいとめる十枚束になったものを糊で貼っていく白い紙で綴じた部分がわからないように糊で貼るその上から表紙と同じ千代紙を貼る千代紙を貼った表紙をのせる製本に関しては全くの素人でやり方も我流ながら完成しました書展などに出品する場合は表具屋に依頼しますが個人で楽しむものならば出来...

  •  2
  •  0