星 月 夜

ARCHIVE PAGE

Archive2012年09月 1/1

ベトナム刺繍 「花」

ベトナムの花って素朴、だよね。線香花火の最後のチカチカみたいなのが好きさっそく教室に穿いていったら皆にほめられたお世辞でも嬉しいにほんブログ村...

  •  0
  •  0

今再び、中上健次

源氏物語とか和歌とかそういった’雅’に時空を越え思いを馳せることを否応なしに日常的にやっていると現実というものがどんどん遠くなっていく それはともすると現代社会において欠陥人間になってしまうことも否めない そういった浮世の世界からこっちの世界に引き戻してほしいためによく読んでいたのが村上龍であった 日本の共同体の中でそれに抵抗している人間を描く小説 あるときはSM嬢であったり未来のカリスマであったりロ...

  •  0
  •  0

ベトナム刺繍

今日は刺繍をしていました綿ポリの収縮素材の太極拳用のズボンです左の足首あたりにワンポイント(^-^)太極拳の先生が着用している刺繍入りの服がとっても素敵だったので同じような雰囲気にしてみましたこの素朴な雰囲気はやはりベトナム刺繍だそう。フランスや日本の草花刺繍ともなにかちょっと違う。いつかのテレビ番組で、中国とフランスの刺繍文化が融合したものだと言っていました。完成したらまたアップしますねテンプレ...

  •  0
  •  0

あらゆるラファエロの魅力がここにある

今日の日曜美術館での世界の美術館の紹介はドイツ・ミュンヘンにあるアルテ・ピナコテークデューラーやルーベンスの代表作など、ヨーロッパ絵画の珠玉のコレクションを誇る美術館。1826年バイエルン王国の国王ルードヴィヒ1世が、収集した絵画を市民に公開しようと作られた。彼が特に愛した逸品が、ラファエロが描いた愛らしい聖母子像「テンピの聖母」。芸術立国を目指した王が、虚々実々の駆け引きの末、ようやく手に入れたもの...

  •  0
  •  0

豪雨の日

天の原ふりさけみれば春日なる三笠の山にいでし月かも阿倍仲麿遣唐使となった仲麿ちゃん。遠く異国の地で、自分の故郷の春日にある三笠の山に出た月とおなじなのかな・・・・と詠んだ歌なのでございます。奥山に紅葉ふみわけ鳴く鹿の声きく時ぞ秋は悲しき猿丸大夫うっすらと鹿の絵が描かれているのが見えますでしょうか半紙の横書。鹿の模様の料紙を見つけたのでこれに書いてみました猿丸大夫とは伝説上の人物とされている。古今集...

  •  0
  •  0