星 月 夜

ARCHIVE PAGE

Archive2008年02月 1/1

I'm OK

新日美は大正の鬼才、河野通勢だった 書家が臨書をやりそれを血肉としていくように画家もまた模写は欠かせないものだろう まずは好きなものを真似することから始まるなんだってそうなのかもしれない 臨書をやり倣書をやりそしてようやく創作と入っていくのだが絵画でも書でも工芸でも彫刻でも誰もがつくったことのないものをつくるという域まで到達できる者はそう多くはない 誰もが個性を持っているがそれをどうやって表現して...

  •  0
  •  -

ラスト、コーション(色、戒)

ラスト、コーション(色、戒) 凄い映画だ あの1995年のラマン(愛人)以来の衝撃的な映画 日本の俳優が「どんなに優れた俳優が出演していても結局映画は監督のもの監督の作品なんだ」と語っていたが、そうなのかもしれない 性描写があまりにも過激なためR18だがこの映画はR30にしてほしいくらい 酸いも甘いもわかった大人の恋愛、人生を経験していないと理解できない部分もあるかもしれない初めてレストランで二人きりで会っ...

  •  0
  •  -

雑誌三昧?

本は図書館で借りてきたり、アマゾンで購入することが多くなってきたが今日はCDレンタルをしたついでにぶらぶらと店内を見ていた この三誌を買ってきたクリックで拡大します今日の新聞に東大の松原教授の書いた「教養なきジャンク本が氾濫」という記事が載っていた タイトルを読んだだけでこれはあのことを差しているのだなと思ったらやっぱりそうだった 活字離れした若者の好む傾向 それはそれでいいと思うまずは本を読むとい...

  •  4
  •  0

ロートレックと友人

今日の新日曜美術館はロートレックだった いつもと変わった番組構成だった スタジオにゲストを呼んで話をきくというのではなく、今回はイッセー尾形さんがロートレックの親しい友人の日記帳のような手紙のようなものを朗読してロートレックのこれまで知られていなかった一面を語るというものだった 昨年末まだ記憶に新しいロートレック展では深い感銘を受けていたのでとてもよかった ロートレックの生き様人生観などはある程度...

  •  0
  •  -