星 月 夜

カスタムドールと衣装制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The松本零士FANアート大賞2018

book1.jpg

今年も The松本零士FANアート大賞2018  に応募しました!

今年制作した、鉄郎とイーゼル。

イーゼルと鉄郎

今回は1部門につき作品は一枚という規定になりました。
それでメーテルとエメラルダスも一緒に撮影したのをエントリーしました。
画像は一枚ですが昨年より大きいサイズ(1ページの半分)で掲載していただきました。


book2.jpg


輝く蛍の輪の四体

カスタムドールを制作するのは楽しいです。来年はどのキャラクターにしようかなヾ(o´∀`o)ノ




にほんブログ村 ハンドメイドブログ ドール服・ドール用品へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

夕涼み

暑中見舞い


集中豪雨で被災した地域と記録的な猛暑となった今年の夏。
平成三十年、平成の最後の夏はそういう年だったこと忘れません。


rurukoに着せたいと思っていたイチゴの柄の浴衣も完成したので
いろいろ小物や小道具を揃えてこの暑さの中がんばって撮影しました!


縦、文字入り

いかがでしょう 少しでも涼しさを感じてもらえたでしょうか。
rurukoのイチゴの浴衣とっても可愛いでしょ。
ネコのお面ももちろん手作りです♪(o・ω・)ノ))

momokoのうちわは黒文字を利用して作ったものです。



にほんブログ村 コレクションブログ momokoへ
にほんブログ村


白いミニタンスの記憶

P6250020 (2)

久々のカテゴリー「ハンドメイド・リメイク」 
五月に大須観音の骨董市で手に入れたレトロなミニタンスをリメイクした
この骨董市にはいままで何度も行っていてレトロガラス、鼻煙壺など素敵なものをゲットしてきた


今回ものすごく惹かれたものがこれ!
P6100002.jpg

小さな和箪笥。 折り鶴の絵が汚れたようになっているし、一番下の段はまるで子どもの落書きのよう。
しかし全体をペイントしたら綺麗になるなと思った。


このミニタンスを見ていてわたしは幼かったあの日のことを思い出していた・・・・・


kingyo1_4.jpg

何歳ごろだったのかわからないけれど子どもの頃住んでいた家のお隣さん宅にその日だけお泊まりした時のこと、わたしが親から離れてさみしそうにしていたのだろうか、お家の人が白くてコケシの絵が描いてあるミニタンスをプレゼントしてくれたのだった。


白くてコケシの絵が描いてあるそのミニタンスをとても大事にしていたのだけれど、いつの間にか無くなっていた。わたしは捨てた記憶がないからきっと親が処分したのだろう わたし自身もどんどん成長して遊びの対象も変わっていくし無くなっても気にもしていなかったにちがいない。

骨董市でミニタンスを見つけたときに、なんだろう・・・ノスタルジーを感じていた。
そして白くペイントして絵を描いたらあのミニタンスみたいになるかもしれないなと買うことにした。


P6100006.jpg
引き出しの取ってにマスキングテープを貼って鏡の所の房を取り外して、まず下地の白色を塗った。

P6230012 (2)

白いとは言っても記憶では真っ白ではなく少しクリーム色がったような、あるいはグレーがかったような色だったので、下地の上からパールホワイトを二度重ね塗りをした。 

P6250015.jpg

絵はコケシだったと記憶していたので頑張って描いてみようかと思ったが失敗したらせっかく綺麗に塗ったパールホワイトが台無しになるので描くのは止めた。アルバム編集の時に使うシールが白いタンスに合いそうだったので配置を考えてカットして貼った。パールホワイトの雰囲気に合った洋風なタンスに仕上がった。


編集後記
ブログの更新がままならないこともあってもう止めようかと考えた末、これからは自分の記録としてやればいい。それならば更新の頻度も内容も気にせず書いていける 気が向いた時に好きなように書いていけばいい。コメント欄ははずすことにした。ただ自分のためのブログとは言え公開している以上は最低限の節度は守っていきたいと思う。

ツイッターやインスタグラムなどいろんなツールがある現在、個人のブログの意義はどうなんだろう もう時代遅れなのだろうか いや私はそうは思わない。カテゴリー別に整理してあればずっと以前の記事だっていつでも誰でも読むことが出来る そこがブログの最大の特徴だと確信している。膨大な時間と労力を費やして残したものはその人にとっては宝ものとも言えるかもしれない。

さて次の更新はいつになるのかしら・・・
好きなときに好きなように無理せずやっていこうと思う・・・・・


sea1_2.jpg



紫陽花と花音ちゃん、再び。

アジサイ2

花音ちゃん、どこにいるの?


アジサイ1

アジサイに埋もれてわからなかったよ(/∀\*)


アジサイ7

あら。雨もうやんだみたい・・・・

畳んじゃおうっと。



あじさい6

ママに新しい傘、買ってもらったんだよ
ピンクでかわいいでしょ o(≧ω≦)o


髪型もね、涼しそうな三つ編みおだんごにしてもらったの。


アジサイ5

あら。花音ちゃん、なんとなくアジサイみたいなヘアスタイルね。


可愛いね(´∀`*)

こんにちは。ひと月なんてあっという間。FC2はでっかい広告がトップにど~ん!とでてしまうのでイヤなのですが更新できないから仕方ない。゚(゚´Д`゚)゚。 実生活が忙しくてパソコンの前に座れない!やはりスマホにするべきかしら・・・

この花音ちゃんのは実は昨年のなんだけどわたしのお気に入りの画像なのでもう一度あげることにしました。



にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村


新作!マント姿の鉄郎

鉄郎横

昨年作った鉄郎はお目々がぱっちりすぎたので顔を作り直しました(^_^;)
マント、ハット、トランクも作った。
この大きな帽子がね~苦心しましたよ。マントもハットも一発で出来るわけがなく試作品を何個もつくりながらようやく完成させたものです。


P4130001 (2)
コミックやポストカードをじっくり見てできる限り忠実に。


イーゼルと鉄郎

イーゼルちゃんも唇を書き直した。淡いピンクにして口角を上げて可愛らしく。
これだけでガラリと表情が変わってしまうからドールは不思議です。

鉄郎たちに渡すお弁当包みも作って持たせました。


この作品のタイトルは「輝く蛍の輪」から

輝く蛍の輪の四体

メーテルとエメラルダスを全身が写るように撮影してこの作品をThe 松本零士FENコレクションに応募しました。

2018 The 松本零士FENコレクションから御覧ください 沢山の人の作品が掲載されています。

いつもそうなんだけど撮影がけっこう大変でね。一体一体だとわりと上手く撮れるのですが今回は五体を写すのに背景がうまくボケなくて苦労しました。正直、ドールを制作するより撮影の方が難しかったりします。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ドール服・ドール用品へ
にほんブログ村




輝く蛍の輪のメーテル

IMG_0798 (3)

銀河鉄道999 の13巻の中に「ブライトリングファイアフライ 輝く蛍の輪」駅というのがあって、忘れられないとても美しいシーンがあるのです。メーテルが旅館の浴衣姿で星空を見つめているシ-ン。
セリフがなく静かな沈黙だけの半分1ページの部分。このシーンをドールを使って表現してみたかったのです。

原画 本表紙

IMG_0801 (3)

雰囲気を醸し出すのに苦労しました。外の星空と蛍の背景はどうやって作ったらいいか・・・



メーテル全体

これが小道具を使った全体の感じです。窓の雰囲気を出したかったけどやはり撮影してみると不自然に写ったので窓の枠はいれないで撮影することにしました。室内のぼんやりとした灯りの中で見ている感じを出したかったのでフィルターで後から加工処理しました。

メーテル畳

浴衣はもちろん自分で縫いました。こういう柄の布地は以前から買っておいたものです。帯は原作のように旅館の浴衣についてる簡単な帯みたいに作りました。

メーテルといえばあの黒い衣装だけどこのシーンでの浴衣姿のメーテルはとても素敵だなと思ったのです。


以前、同じ「ブライトリングファイアフライ 輝く蛍の輪」に登場している着物姿のイーゼルを制作していました。
着物を縫おうと思ったのがこのイーゼルがきっかけでした。好きなシーンをドールで表現できるなんて嬉しい!

イーゼル前

このイーゼルの記事もカテゴリー「999ドール制作」の中にありますのでよろしければ御覧ください。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ドール服・ドール用品へ
にほんブログ村

momokoとrurukoのひな祭り

IMG_0781 (2)

あかりを点けましょ ぼんぼりに~。
お花をあげましょ  桃の花。

今日はひな祭り。
あと一時間ちょっとで終わるけどブログ更新に間に合った(´∀`*;)ゞよかった~。

ひな祭りにはmomokoとrurukoにお揃いの着物を縫ってあげたかったの。
同じ花柄で色違いの着物。ひな祭りという特別な日だから振り袖にしたよ。

IMG_0766 (2)


P3020004.jpg

momokoの青い着物は少し地味っぽいけど赤い八掛と、袖口と襟元からチラリと覗く赤い柄が粋でしょ。

P2260002.jpg

袖口から覗く襦袢もどきはふんわりとした感じを残すように奥マツリで縫います。

P2260001 (2)

rurukoのは白い縮緬を縫い付けた。

着物は縫うごとに上手になっていきますが今回の反省点は衿でした。
きりっとした衿にならなくてこれは次回からはパシッと縫いたいなと思う。

IMG_0780.jpg

さてこの撮影に使ったミニサイズのお雛様ですが、ドールのための小道具ではなくずっと前に旅先などで買ってきたものなんです。
いつのまにか三セットほどありましたのでこれを機会に出してみました。

IMG_0778.jpg
これは友人からのプレゼント。


IMG_0777.jpg
これは木彫りのひな人形。たしか四国(高知だったか)に旅した時に買った。
雪洞は上のひな人形についてました。


IMG_0775.jpg
これが一番ドールサイズに合っているかな。

IMG_0776.jpg

人間の世界では終わったらすぐに片付けるようですがお人形の世界なので3月中は飾っておきたいと思います。
+゚。*(*´∀`*)*。゚+



にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。