メーテルとエメラルダス

銀河鉄道999キャラクターの自作ドールとブライス、momokoなど。

ブライスのいる風景  四つ葉のリボン



映ゆる野に風
わたしにも雨

行け ひかりの
ひかりの射すほうへ

404-B.jpg

荒れど撫ぜれど
在るべき風の息吹き
強くも弱くもまた
いずれも君

花を編んだら
誰にあげましょう


397-B.jpg


さぁ 行こうか
行く宛 無くとも

永遠を恐れ
戦くなかれバラよ
今日も朝一番に
会いに行くよ

399-B.jpg


もう 何もない
引き止めるものは 何も
ただ 明日も君に
会いたかった

今日も朝一番に
会いたかったよ

うれしかったよ


(波璃の花   Cocco )


もうちょっとしたら五月 風薫る五月 初夏
四月はあっという間に過ぎてしまう儚い月

そんな季節を惜しむように花音(カノン)とお散歩しました
今日は小さな花籠を持って。

わたしの髪飾りを花音につけてあげたの
どう?花音に似合うかしら


オーガンジーに光があたって四つ葉のクローバーが透けてみえてる

可愛いね +゚。*(*´∀`*)*。゚+


にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

ブライスのいる風景 タンポポ

359ブライス

Song for you 散り急いだ
無数の花が空を覆うの
木の下で振り向くあなたの幻
もう一度逢いたい


358ブライス

雨上がりの櫻の園
散るたびに咲くから綺麗なの?
雨上がりの櫻の園
あなたの微笑みを失って


360ブライス


Song for you 辛いときも
いつも一緒にくぐりぬけたね
透明な気持ちが空へと上がって
羽撃いてゆく

櫻の園 (詩 松本隆 歌 松田聖子)


この風景を見たときに私は見覚えのある絵画を思い出した

とっても愛おしいあの絵画を・・・・

野原の少女
ルートヴィヒ・クラナス(野原の少女)



にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村

ブライスのいる風景 四月

339ブライス

ブライスと一緒に近所の公園に散歩に出かけました。
わりと広くて自然がいっぱいの公園が近くにあるんです+゚。*(*´∀`*)*。゚+


379ブライス

よ~く見るとまだ桜の花びらがいっぱい残っていました。


356ブライス


354ブライス

まだそんなに暑くなくて風がきもちいいね(*´∀`人 ♪

355ブライス 352ブライス
サムネイルです。クリックで大!


371ブライス 375ブライス


ブライスはもう十年も前にウチに来た子でず~っとお部屋の中ばかりでお外にでたことがなかったの。
初めてお外に連れてってもらえたねヽ(≧∀≦)ノ

屋外撮影するにあたって華奢なmomokoじゃ心配だったのでブライスにしてみたんだけどこれが正解!なんたってお顔がデカいので存在感あるっていうか、風景に負けないのね!むしろ屋外向きって感じ。負けてないわよ~あんた。

これからも一緒にお散歩に行きましょうね(*´∀`人 ♪

にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村

編集後記
テンプレも替えてプチリニュしました。一眼レフで撮影した大きめの画像が載せられます。カテゴリーを表示させたとき見やすくなっています。ナイスなテンプレートに出会えたことに感謝!ブログ村のカテゴリーも変更しました。キャラクタードール、ブライス、momokoにしました。ブログタイトルはそのまま「メーテルとエメラルダス」ですがドールの撮影もどんどんやっていきたいです。

ファンコレクション2017にエントリーしました!

999関連の自作ドールを松本零士オフィシャルサイトの、
「Leiji Matsumoto Fun Collection 2017 GALLERY Part 4」
に昨日エントリーしました!
こんなのに参加するなんて嬉し恥ずかしって感じです(´∀`*;)ゞ


メーテルとエメラルダスエントリー


このエントリー作品(三作品)のために撮り直しました。
物語のワンシーンを表現できるように工夫しました。

サイトのほうへは既に掲載してもらっています。
松本零士オフィシャルサイト
ハーロックの下のメーテルのイラストが描いてあるところをクリック!

「Leiji Matsumoto Fun Collection 2017 GALLERY Part 4」
わたしの作品はパート4(4ページ目のけっこう下の方)

説明文なども画像の上にポインタをあてると読むことができます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


春琴と三味線

春琴274

盲目の春琴・・・・
時には遠くにあるものを見つめているような・・・
時には自分の心の中を見つめているような・・・
そんな異次元の世界に住む春琴を生み出したく制作しました。

春琴265


春琴タテ



春琴と三味線

このミニチュアの三味線、木製でかなり本格的なんです。偶然これを見つけたこともあって春琴を作ろう!と思いました。

お着物は前回に続いて十二単(お人形の着物店) さんで縫っていただきました 紫地に可憐な梅の花、帯地の模様も梅でよく合います。品があってちょっとレトロな雰囲気のお着物は三味線のお稽古のシーンを演じるのにはピッタリだと思います。



春琴源氏屏風


他に小物の演出として源氏物語の屏風を自作しましたv(o゚∀゚o)v
やはり背景にも凝らなければ・・・・
それもまたドール制作の一環としての楽しみなのね。


屏風289

源氏物語の絵の方は絵はがきを貼ったもので書は私の作品です(´∀`*;)ゞ


屏風


春琴276


曾我簫白の屏風もあったので背景に撮ってみましたがやはりくらくなりますね。
簫白の絵画はとっても好きで美術館のギャラリーで見つけて衝動買い( ^ω^ )



谷崎潤一郎の春琴抄についての話は前回のエントリーに書いてあります、ご参考に。
http://fellapart.blog47.fc2.com/blog-entry-1622.html




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




春琴抄

春琴のドールが完成しました!
だけど撮影はたっぷり時間があるときにしたいので (*´ω`)┛
今回は春琴抄がどんな物語なのか映画のことも交えてご紹介しておきます。 


谷崎潤一郎の「春琴抄」
これまで映画化されたもので
比較的若い世代の人にもよく知られているのは次の二作品

1976年「春琴抄」(配給:東宝、監督:西河克己) 
春琴:山口百恵/佐助:三浦友和

2008年 「春琴抄」
春琴:長澤奈央/佐助:斎藤工
(配給:ビデオプランニング 監督:金田敬)

しかしわたしがすっかり嵌ってしまったのはこれ。
1972年「讃歌」(制作:近代映画協会・日本アート・シアター・ギルド、監督:新藤兼人)
春琴:渡辺督子/佐助:河原崎次郎

タイトルが讃歌なので春琴抄でツタヤで検索しても出ず谷崎潤一郎からたまたま見つけたけどこれが大当たり 四、五回は見たね。語りをやる女中役が乙羽信子 こののち監督の新藤の後妻となる 

春琴役の渡辺督子がすこぶるいい!佐助役の河原崎次郎 もいい!やはり小説の世界観を最も醸し出していたのはこの映画だと思う 映像が妖しい 一番初めに見た時はまるで昔の怪奇映画でも見ているような妖しさだった 何回も見ているうちに春琴と佐助のサドマゾの極みが楽しめるようになる 渡辺督子はあの時23歳だったという そののち日活ポルノ映画に出演するようになるくらい美しい裸体であった 他の作品にはない性交シーンもある これが1972年の映画化とは驚く 新藤監督の力量と斬新さたるゆえんか。(注: これより口調が変わります)風俗の世界ではSといえば女王様にムチが定番でございますが、春琴さまは三味線のバチ、でございます そのポーズもまるでムチを振り下ろすかのように右手を高く振り上げ降ろした左手は握りこぶしをつくり半身になって軽く脚を出すポーズは現代の女王様をも超越しているのでございました。


春琴5
春琴さま。
クリックで大きくなります。

春琴

春琴7

雑穀商美濃や九ベえのせがれで放蕩モノの莉太郎にきびしい稽古をつけておられる春琴さま 真ん中奥が佐助。

春琴8
冷え症の春琴さまの脚をもんだり温めたりしている佐助。お風呂もトイレも食事も身の回りのことはすべて佐助が世話をしておりました しかしながら春琴さまは佐助の子どもを身籠ってしまうこと三回、いや四回か、原作をよんでいたときも私は唖然としてしまいました 佐助を虐げていてもそれはそれ、これはこれなのですね。

春琴6
佐助がついに自らの眼を針で刺して失目に至るクライマックスシーン。このシーンは他の春琴抄作品には見られない演出がこらしてありまして夢の中のような怪談話のようなリアルさを避けて表現してありました。

佐助役の俳優がいいんですね 原作に近い人物像としては最も近いのではないでしょうか 他の作品の三浦友和も斉藤工もそれなりによかったけれどいい男すぎるんです あんまりカッコいい男性では春琴役がボケるんです この小説はどちらかというと男性が楽しむための話であって映画においてもカッコいい男優を見て楽しむものではないのです。


そんなわけで春琴のドールがどんな雰囲気になるか次回お楽しみにヾ(o´∀`o)ノ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




小説のヒロインのドール

今回はヘッドのみ画像なので全てサムネイルにします。
クリック注意!慣れてない人はコワいよ(´∀`σ)σ




次の制作は春琴です。
ご存知ですか?谷崎潤一郎の名作 春琴抄。
盲目の娘です。
ぜひとも着物姿のヒロインを制作したかった 瞳はどう作るか・・・
映画では眼は閉じられている 筆で描こうかと最初思ったが綺麗に描くには難しすぎる。
そこで・・・

P3200002.jpg


ギミック使用も考えた 購入してみたが上手い具合に入らなかったのだ。 ゚(゚´Д`゚)゚。
で、結局アクリルアイを入れてその上からツケマを施した。

P3200005.jpg

真上から見るとちょうど目を閉じている感じになる。

P3200006.jpg

下から見たとこ。ツケマするまえに下睫毛と上もある程度描いておいた。


あとはウィッグをつけ十二単さんの着物を着せてミニチュア楽器の三味線を持たせて完成だ!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


数ヶ月前から慢性腰痛がひどくなり朝起きてからしばらくは歩けないじょうたい・・・・脚にキテるんです(ノ_<)
歩くのも座りっぱなしも辛い。でもね好きな趣味はどうしてもやりたいの!でなきゃ何のために生きているのかわからないじゃない。
ねえ?